フィンジア

フィンジアがこだわる頭部の肌環境とは

フィンジアがこだわる頭部の肌環境とは、ハゲや抜け毛を改善してして正常なヘアサイクルに誘導することです。
髪の毛は1日に約0.4mm、1か月で約1.2センチ伸びます。しかし永遠に伸び続けるのではなく、一定の期間で自然に脱毛し、そこからまた新しい髪の毛が生えてきます。そのサイクルをヘアサイクルというのですが、平均で約5年の期間です。しかしこの周期が短くなると、細くて短いうちに抜け落ちます。これが禿げや脱毛のことです。
フィンジアは独自のSPEテクノロジーをいう理論に基づき、二つのスカルプマテリアルや10種の原料を、硬く閉ざされたスカルプを柔らかくして、より染み込ませることによってスカルプ環境をもっと良くし、ヘアサイクルを長期にすることによってツルッパゲや脱毛を改善してしていく効果が期待されています。
つまり、スカルプの環境に重要な原料を浸透させ、本来あるべき姿にちょっとでも回復させていくということなのです。

フィンジアに含まれたマテリアルとは?

発毛剤にとってもっとも注目したいものといえば配合されている成分なのではないでしょうか。フィンジアに配合されている主要な材料を紹介いたします。
キャピキシル。フィンジアの2大原料の1つで、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を結びつけて誕生した天然材料由来の育毛成分です。男性型脱毛症の理由の作用を阻止し、ダメージを受けた細胞を回復します。抜け毛を防止して育毛を促進する効能が期待できるとレビューされています。
ピディオキシジル。フィンジア2大マテリアルのもう1つで、毛生えのために開発された原料で、血管拡張作用や毛母の細胞分裂を活性化することにより毛生えを助長する効力が期待されています。浸透力が高く、副作用がほぼないことからも注目を浴びています。

カプサイシン。唐辛子を想像する人も多いかと思います。発汗作用のある成分です。カプサイシンを含むことにより毛穴を開かせ、より一層育毛成分を浸透させやすくする効力を期待しています。

その他、10種類の成分を配合しています。その一部を紹介します。
ヒオウギエキス。ホルモンのバランスを調整し、頭皮を乾燥から守る。
ビワ葉エキス。抜け毛の元凶物質DHTの影響を弱める。
褐藻エキス。血管の修復を促進し、毛髪の発育促進、保湿等の効能が期待されています。
センブリエキス。頭皮の血行促進、毛根の細胞分裂の活性化させる作用が期待されています。
パンテノール。プロビタミンB5とも言われています。髪の発達を早める作用があると言われています。
その他5種類の自然素材の、抜け毛や禿頭を治療していく効果の期待できる原料を配合しています。

フィンジアのパワーを引き出す正しい活用法

発育効能が期待できる材料をたくさん配合しているフィンジアですが、使用法が良くなければ作用の期待が薄まりますので正しくない利用方法をしないようにしましょう。
まず、汚れた頭部の肌に使うのは避けましょう。毛穴に皮脂汚れが詰まっている可能性が高いため発育マテリアルの浸透が悪くなる可能性があります。できるかぎり、お風呂やシャワーを浴びて洗髪料等で頭皮をよく洗って皮脂汚れを落としてから使用することをお勧めいたします。もちろん毛髪をタオルで拭いてドライしてから使用します。フィンジアの場合はタオルでふき取るだけで十分です。

そして、一度に規定使用量以上使うこともお薦めしません。1回の使用の目安は10プッシュほどです。大量に付けすぎても液だれするだけで効能は変化なしだからです。ちょっとずつ付けてマッサージを丁寧にするほうが効果的だと思います。マッサージは大切ですので、優しく、でもしっかりと行うと威力が期待できます。

フィンジアは毎日使った方がいい?

フィンジアの威力を期待するのであれば、効能的な使用方法として外せないことが、「毎日忘れずに使用を継続する」ことだといえます。
ほとんどの育毛トニックがそうであるようにフィンジアも例に漏れず、ヘアーの発達周期に働きかけ、薄毛や抜け毛を治療していくものです。この毛髪の成長サイクルとは「1本のヘアーが成長しはじめてから抜けるまでの期間」のことなのですが、このサイクルが1周するには約3ヶ月程度かかるといわれています。

つまり、その期間に正確に毎日使用を継続することによって、より良いヘアサイクルへと導き効能が発揮されることが期待できるのです。つまり、短くても3か月は毎日使いつづけるように意識するとよいかと思われます。
毎日利用するためには、使用するのをうっかり忘れないように浴場の脱衣所などに置くなどして、風呂上がりに必ず使う習慣をつけることが重要です。