無駄毛解決したい方注目!おすすめの脱毛方法とは

夏は言うまでもなく、エアコンが一般化した近年では1年を通して薄着で過ごすシーンが増してきました。そこで不安要素となるのが無駄な毛。恥ずかしい思いをしないためには、日頃から無駄毛処理に気を配ることが大切になるといえます。
むだ毛処理は自力でもできますが、効果を計算するのならやはり脱毛サロンか医院が推奨です。そしてその双方には効き目や費用等でメリット・デメリットがあり、どの点を重視するかによってどちらをチョイスするのかが決まってきます。
ここでは、脱毛サロンと医院でのムダ毛対策方法を比較し、決める時の項目を調査していくことにします。

毛の機能や特徴について

人々には頭髪を含めほぼ全身にヘアーが生えており、それは約150万から200万本に及ぶといわれています。
毛には、保温や断熱をすることで体温を一定にキープする役目や、外部からのスキンへの負荷を和らげるクッションの役割、直射日光を防止するなどの働きがあります。また、無駄毛の元の毛根の周辺には外部からの振動等の情報を感知する神経が集まっており、感覚器としても作用しています。
さらに、外部のゴミやチリ等を吸い込まないようにするフィルター機能や、体の中の毒素を外に排出する機能もあり、決して不要な存在ではありません。
多くの役割を持つ体毛には、男子ホルモンと女子ホルモンの影響を大きく受けるという特性があります。
女の人ホルモンは頭の毛の発達に影響するホルモンですが、それ以外の眉毛から下の体毛を形成しているのは男の人ホルモンです。ですので女の人でも男の人ホルモンの分泌が多い場合には、毛が濃くなるといわれています。
それが多くなり過ぎると、手足や口の周辺等の体の毛が固く濃くなる多毛症となるケースもあります。

自宅でできるおすすめの脱毛方法

このように毛には多くの役割が認められていますが、これらは大昔から存在しているヒューマンにとって求められてきた役割です。
現代の生活においては、体温を一定に保ったりスキンをガードする作用は、家やエアコン・衣服等が担っています。ですのでムダ毛処理することに問題はなく、そればかりか周囲を不快にさせない・陰口を叩かれない等の理由からは、ムダ毛処理はむしろ必要となるケースが多いといえます。
脱毛する場合には、まず自宅でのセルフケアの手段が考えられます。
カミソリや電気カミソリで無駄毛を剃る方法が最も単純ですが、肌への負担が大きく炎症を引き起こしてしまうケースもあります。また、すぐに生えてきてしまい影響が持続せず、チクチクした不快な感触というデメリットもあります。
この肌触りを解消し、効力の継続時間も長時間なのがムダ毛処理クリームです。ただしムダ毛処理クリームは薬剤の効力でムダ毛を溶解させるため、皮膚への負担が大きいというデメリットがあります。
そして、ワックスをムダ毛に付けて毛根からいっぺんに抜きとる、脱毛ワックスという手段もあります。産毛から剛毛・白髪まですべてのむだ毛に対応しますが、痛みが強く皮膚へストレスをかけることが短所です。さらに継続期間も他の手段に比較すれば長いとはいえますが、恒常的な効果は望めません。

脱毛サロンや診療所でできる脱毛方法とは

スキンへのを和らげ長い期間にわたってムダ毛対策の影響を持続させたいのであれば、自力でのセルフケアではなくプロに依頼する手段が推奨です。
専門家には脱毛サロンと医療機関である医院の2種類があり、どちらも器具からレーザーを照射し毛根に熱変化を起こすという基本のムダ毛処理方法は同じです。
ただし、脱毛エステと医院では当てる光の波長の種類が異なっていて、脱毛エステではいくつかのの波長を含んだレーザーを広範囲に照射する光脱毛が、医院では単一の波長で集中的に熱を集めて照射する光脱毛が行われています。
ピンポイントの照射であるレーザームダ毛対策は、ドクターが施術するクリニックでのみしか受けれないほどの高レベルのレーザーの照射で、高い脱毛効力も得られることになります。光ムダ毛処理の場合にはエステの光脱毛のおよそ半分の回数で、ほとんど自己処理が必要なくなるレベルにまでなるといわれ、さらに永久脱毛もできます。
その一方で、高レベルのレーザー照射には苦痛も伴います。脱毛エステのレーザームダ毛対策では全く痛みを感じないのに対し、医院で光を皮膚の薄いVIOに照射されると、人によっては我慢できないほどの痛さを感知するともいわれています。